健康・美容情報

<12月アロマ&美容情報>

しまざき : 2006/11/26

そろそろ冬本番。だいぶ寒くなってきましたね。
寒くなって空気が乾燥してくると、風邪が流行りだします。
風邪を未然に防いだり、長引かせない為のアロマの使い方をご紹介します。

まずは風邪の引きはじめに喉がおかしいなと感じたら、
ラベンダーかティートリーの精油を原液で1滴、喉にすり込みます。
これは対処が早ければ早いほど効果的で、少々のイガイガ感でしたら
驚くほどすぐに治ってしまいます。
お部屋の空気を清浄にすることも大切で、抗ウィルス作用のある
ユーカリ・ティートリー・ラベンサラなどの精油をお部屋に拡散させると
呼気に含まれたウィルスを殺してくれるので、治るのが早くなります。
また、対処が遅くなり風邪を引いてしまった場合リンパ節のある顎の下、
耳の後ろ、首や胸に上記の精油をブレンドした植物油を擦りこむのも
効果的です。
これから、ますます風邪やインフルエンザが流行ってきます。
人ごみに長時間いる時や、疲労が溜まってきた時などは
免疫強壮作用のあるメイチャンやジンジャー、ローズマリーなどの精油を
塩や重曹、ハチミツなどに入れて混ぜ合わせ入浴剤として使うと
体も温まり、風邪にならずにすみますよ!



■読ミモノ-健康・アロマ情報-トップへ戻る⇒

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.