健康・美容情報

1月健康情報

なかやま : 2009/12/17

冬は視力を良くするには一番よい季節です。
空気の乾燥と共に体の水分が失われてくると目が乾いてきます。
そして目の乾きが長く続くと胃酸過多になり食べても食べても食べたいといった
異常な食欲が出てきます。
12月から何かと飲み食いする機会が多いこの時期、食べすぎや飲みすぎが
続いて肝臓が疲れてきますと視力が落ちてきます。
今日はいつもよりピントが合わないとか景色や人がぼやけて見えるというときは
目が悪くなったのかと思いがちですが実は肝臓が疲れているために視力に問題が
出るのです。
そのように目がぼやけるのは肝臓が疲れているというサインなのですが、
そのまま肝臓を酷使し続けると視力が戻らなくなり本当に目が悪くなってしまいます。

視力が気になるという人には、この季節次の体操をすると回復してきます。
1、目を閉じ両目のまぶたの上から眼球を手のひらで押さえます。
2、押さえたまま、両目を上下、左右、斜め、回転といった順番でそれぞれ5~10回動かします。
3、やり終えたら、押さえていた手を急速にフッと抜きます。
4、そのまま1分間目の上に手を当てて休むか、目に蒸しタオルをします。
*1~3の手順を続けて3回まで繰り返してもよいです。

以上を毎日1ヶ月繰り返し行ってみると目がぼやけるといった人やもう既に悪い人も
明らかに視力が回復してくるのを感じると思います。
もっと目を良くしたいという人は目の体操に加え暴飲暴食をやめ食事の量を腹6分くらいに
減食すると更に変化を実感できると思います。



■読ミモノ-健康・アロマ情報-トップへ戻る⇒

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.