健康・美容情報

5月健康情報

なかやま : 2010/04/28

例年にない春の温度差に体はついていくのが大変だったと思います。
GW辺りから梅雨までの時期を初夏と言いますが、この時期は「木の芽時」とも言われ
昔打撲したところや古傷といった所が痛み出したりします。
しかし今年は気温の波が激しかったせいでしょうか、早い時期からあちこち痛むと言う人が
多かったです。

これからは木の芽時の症状が出る本格的な季節になります。
よく原因がわからないのに痛むということがあった時は、昔の記憶を遡ってぶつけたり
転んだりしなかったかなと思い出してみてください。

そういえばあの時のだと思い出すことがあるかもしれませんが、古傷が痛んだりして嫌な
季節だなあと思わないで下さい。
実はこれらの痛みは、長い間こもっていた痛みが表面に顔を出しているのです。
木の芽時とは自然界だけが芽吹くのではなく、人の体も古傷が芽吹く季節なのです。
それは古傷を治す大きなチャンスです。

さて治し方ですが、骨盤とふとももの付け根辺りにソケイ部という場所がありますが
そこに古傷を抱えている人はこの季節に油のようなシコリが芽吹いています。
そのシコリと痛む場所を併せて「手当て」をします。
痛みが変わるまで、もしくは梅雨に入るまで毎日数分でもいいので続けてみてください。
うまくいけばそれっきり古傷が痛まなくなります。



■読ミモノ-健康・アロマ情報-トップへ戻る⇒

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.