健康・美容情報

11月 アロマ&美容情報

しまざき : 2010/11/02

*** つらい肩・首・背中こりに。ホットオイル&ホットパック ***

急に寒くなってきたせいか、外に出ると思わず体にキュッと力が入ってしまいます。
そのせいか、最近肩・首のこりや背中の痛みを訴えてくる方が多い気がします。
こりの原因はさまざまで、こんな風に寒さで体を緊張させたり、仕事や車の運転などで
同一姿勢のまま集中し続けることによって起こる「体緊張型」や、なんやかんやと
いつも考え事をしていて、肩の力の抜けない「心緊張型」、血液の循環が悪く、
体が冷えることによって起こる「冷え性型」などがあります。

「体緊張型」の場合、体の緊張から起こる老廃物の鬱滞を流して、固まった体を
緩めるような精油を選ぶようにします。
血行を促し体を温め、強張った筋肉をやさしく包み込むようなマージョラムやオレンジが
オススメです。
この二つの精油をブレンドしたマッサージオイルは、外側の筋肉だけでなく、内臓や
深いところにある筋肉までも緩めます。

「心緊張型」では、忙しさのあまり心と頭の中の引き出しの中身が散乱し収拾がつかないような
状態の時に感じるコリには、何から手をつけるべきか整理整頓する手助けをしてくれる
ローズマリー、未来を先走った結果、あれもこれもしなければと思考だけが先行し、
あっぷあっぷになってしまうような時に感じるコリには、頭の緊張を緩めるイランイランが
オススメです。
ローズマリーはスッと流れを清明にし、イランイランは頭の中から力が抜け全身の力みから
解放させます。

「冷え性型」では、血行不良からくる体の冷えを解消するため血行促進や加温作用のある
ジンジャーやブラックペッパーがオススメです。
この場合、凝っている部分だけでなく冷え性を改善するためお腹周りをしっかりマッサージ
することが大切です。
ジンジャーのエネルギーは、生命の点火役とも言われます。
動きの少ない血流に活を与え、行動することへの後押しをするのです。


ホットオイル&ホットパックのやり方は、上記の精油を植物油で希釈し(30ml/精油6滴)
容器に入れ、お湯を入れたマグカップなどで容器ごと温めます。
オイルが温かくなったら、患部にたっぷり塗りこみます。
塗り込んだら電子レンジなどでホットタオルを作り、オイルを塗ったところに乗せ、静かに休みます。
タオルが冷めるまでの間、じんわりした温かさと芳香を味わいゆっくり呼吸して過ごしてください。



■読ミモノ-健康・アロマ情報-トップへ戻る⇒

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.