健康・美容情報

4月 アロマ&美容情報

しまざき : 2011/03/31

*** ラベンダー&ティートゥリー 応急処置に使える精油 ***

今月は、応急処置に使える精油として「ラベンダー」と「ティートゥリー」の精油の使い方を
書きたいと思います。
震災後、私はこの二つの精油を常に持ち歩いています。なぜなら急な怪我や火傷、
様々なウィルスに対してとても役立つからです。
精油は小さい小瓶に入っていますから持ち運びも簡単ですし、使い方を覚えておけば
この2種類でたくさんの手助けをしてくれます。
山などに自生している薬草は、人間が怪我をした時に役立つものが手を伸ばした先に
生えていると言います。
もしものとき、ラベンダーやティートゥリーは生えていないかもしれませんが、かばんの中に
精油が入っていたら、薬などがなくて途方にくれたとき、きっとあなたに手を差し伸べてくれるはずです。
ただ、これはあくまでも応急処置です。病院で治療を受けるまでの間や、行く必要はない
軽い症状のときに使用するようにしてください。

症状別の使い方は以下の通りですので、参考にしてみてくださいね。


・火傷 ・・・ラベンダー精油を患部に直接数滴を垂らす。
(水で冷やす必要はありません)痛みがある間、何度も繰り返し付けてください。

・切り傷・擦り傷 ・・・ティートゥリー精油を患部に直接垂らし、絆創膏や包帯などで止めておきます。
(ティートゥリーには強い殺菌作用があります。その殺菌作用は消毒薬アレルギーの方の
手術の消毒に使用し、問題なかったとの臨床報告もありますので消毒薬の代わりに
使うことが出来ます)
また傷が治るまで、繰り返しつけることで治癒も早くなります。
 
・パニック・過呼吸 ・・・ラベンダー精油をハンカチ(無ければ手のひら)に直接落とし、
鼻と口を覆うようにして鼻から静かに匂いを吸い込み呼吸を繰り返します。
少しずつ、落ち着いてくるのを待ちましょう。

・ウィルス感染防止 ・・・マスクにラベンダー・ティートゥリーのいずれかを一滴垂らしておく。

・不眠 ・・・ ラベンダーを2滴手のひらに垂らし、胸周りに直接塗る。
こうすることで、呼吸と共にラベンダーの香りが入り、心を鎮めてくれます。



■読ミモノ-健康・アロマ情報-トップへ戻る⇒

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.