健康・美容情報

8月健康情報

なかやま : 2011/07/26

先日夜、なかなか汗が引かなかったので扇風機を当てながら横になっていたら
そのまま寝てしまいました。
普段はそのようなことは絶対にしてはいけないと人には言っているのですが、
ちょっと当たるつもりが2時間くらい寝てしまったのです。

その影響が明け方早々に下腹部の痛みとともにやってきました。
そのままひどい下痢になったのです。

今年のように節電などで汗をかくようになった体を、急に扇風機や冷房の風に当てると
私のように下痢になります。
もしくはだるくなったりむくんだり、歯や耳が痛くなったり肋間神経痛のような痛みが出たりします。
起きているときは体を壊しにくいのですが、寝ているときは簡単に風の影響を受けてしまいます。
汗をかくのは良いことですが、その汗を冷やし、引っ込めて体を壊してしまう人が
最近多いように思います。

さて治し方ですが、脚湯が一番良いです。
足湯はくるぶしから下を温めるのですが、脚湯は膝の上から下を全部温めます。
夜寝る前に、43度~45度位のお湯(心地よく感じる温度から更に2度位高め)で6分間温めます。
左右の脚を拭いて肌の色を見ます。
両方が赤くなっていればコップ1杯の水を飲んで終わりです。
片方の肌の色が赤くなっていなければ、さらに温度を1度高くした湯に2分間入れ
水を飲んで終わります。
するとその後、汗が出て体の問題が速やかに改善されます。

夏の問題のほとんどは脚湯で改善されますのでお試しください。



■読ミモノ-健康・アロマ情報-トップへ戻る⇒

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.