健康・美容情報

3月 アロマ&美容情報

しまざき : 2012/02/29

*** 春の香り さくら ***

まだまだ雪が降ったりして寒い毎日ですが、もうすぐ桜の季節です。
日本人は桜が大好きですよね。
開花宣言や満開のニュースまである花(木)なんて、他にはありません。
日本人が桜を好きな理由に、花の美しさや儚さといった情緒的な部分ではなく
桜の持つ成分が関係あるという話を聞いたことありませんか??
桜が咲くとウキウキし、お花見だと言って大騒ぎになるのも「エフェドリン」という
交感神経を興奮させる成分が桜の花粉に含まれているからなのです。
お酒が入っていなくても、桜を見るだけでテンションが上がるのはそのせいなんですね。
きっと日本人は、生まれてからずっと春になると当たり前のように桜の花粉を
知らず知らず吸いこんでいるので、春の訪れ→桜→気分高揚・・・と
条件反射の様に心が反応して桜を待ち遠しく思うのかもしれませんね。

さて桜の香りは微かで精油は取れませんが、バラ科なのでローズに含まれる
甘くフローラルな芳香成分β-フェニルエチルアルコール、フェンネルやアニスに
含まれるアニスアルデヒド、ビターアーモンドやバニラに含まれるベンズアルデヒド、
桜餅の葉っぱの香りのクマリンなどで構成されています。
この成分を見ると、気持ちをアップリフトし幸せな気分にしてくれる一方、一瞬にして
心を狂わせてしまうような桜特有のフェロモンを感じてしまいます。
ちなみに葉っぱの香り「クマリン」には食欲を増進させる作用があり、
お花見でついつい食べ過ぎてしまうのも仕方のないこと。その時は、
桜の樹皮を煎じて飲むと食べ過ぎの食あたりに効きます。
さらに気が利くことに桜の花びらは二日酔いに効くという・・・
これはどう考えてもお花見の習慣は桜の仕業だと感じてしまいますね。
桜の木のそばにいれば、アフターケアもばっちりです。
思う存分桜の魔法にかかって、春を満喫しましょう♪



■読ミモノ-健康・アロマ情報-トップへ戻る⇒

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.