健康・美容情報

3月健康情報

なかやま : 2013/02/27

まだ寒いですが少しずつ春の気配を感じるようになりました。
体の変化はもっと早く1月から春の準備を始めています。
冬の間引き締まっていた体は1月~3月にかけて頭、肩甲骨、骨盤と緩んでいき
夏の体に備えます。

3月にはいると風邪ではない下痢になることがあります。
何の苦しみもなく1~2日続いてピタッと止まるのです。
これは冬の間緊張していた頭や首を緩めるためのものですので
そのまま何もしないで経過させてあげるといいです。
頭や首の緊張が緩まると、みぞおちが緩みあくびが多くなります。
感性を育てるには春が一番良いのですが、それにはみぞおちが緩んでいることが
第一条件になります。

頭や首が緊張しているのに3月に入って下痢にならない人は、
お臍を風に当てることを時々することで下痢が誘導されます。

花粉症になる人の多くは、肩甲骨が緩んでいませんので腕から肩にかけてを
良くまわしたりストレッチをするといいです。



■読ミモノ-健康・アロマ情報-トップへ戻る⇒

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.