健康・美容情報

12 月健康情報

なかやま : 2014/11/30

本格的な冬になってきます。
寒さが一定になってくると、体の変化も安定してきます。

冬に一番気を付けなければいけない事は、渇きです。
体が乾くとまず唇から渇いてきます。
そしてくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目の疲れ、肌がかゆくなる
といったことに繋がっていきます。

目の疲れが続くと頭の緊張が抜けなくなり、
気が休まらなくなります。
そして呼吸が浅くなり、頭が疲労してきます。

よって冬の健康法とは、いかにいつも心身が弛んで
いるかなのです。

冬に弛んでいられるためのポイントは

1、常温の水を飲むこと。
水がすぐに尿になる人は、始めは温かい汁物を飲んだ後に
水をとるようにしていきます。

2、食べ過ぎないこと。
食べ過ぎると、体が冷えやすくなってきます。

3、目を休めること。
目の疲れを感じたら蒸しタオルで温めてください。
耳を引っ張ると目の疲れが取れます。

4、体調が崩れたときは足湯をすること。
寝る前の足湯が良いです。
ただし、食べ過ぎ、風邪、二日酔い、冷えや寒気などは
朝の足湯が効果的です。

5、正面から風を受けない。
冬の風は背中で受けていれば体を壊しません。

6、首や腕を良く動かす。
首や腕の緊張を弛めることは、
冷えの影響や風邪などの予防になります。



■読ミモノ-健康・アロマ情報-トップへ戻る⇒

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.